酉の市 熊手と新宿花園神社の見世物小屋

多くの露店で、威勢よく手締めして「縁起熊手」を売る酉の市の賑わい
年末の風物詩です。

「縁起熊手」は大きなサイズのものを買えば
それだけ大きな福を引き寄せることができるそうです。

池波正太郎の小説『鬼平犯科帳』の「師走の湯豆腐」といった話でも
酉の市の「縁起熊手」が話の小道具に使われました


今回の記事は、酉の市の熊手と
見世物小屋で有名な新宿花園神社の酉の市についてご紹介します。

Sponsored Links

酉の市とは

酉の市は、関東地方に多く所在する各地の鷲神社の年中行事として知られています。

鷲神社は、武運長久、開運、商売繁盛の神として、日本武尊を祀っていまして
関東地方では鷲宮神社(埼玉県久喜市)が鷲神社の本社とされています。

酉の市について、神道の解説によれば、大酉祭の日に立った市を
酉の市の起源であるとしています。

鷲神社の祭神である日本武尊は、東征の戦勝祈願を鷲宮神社で行い
祝勝を花畑の大鷲神社の地で行ったものと伝えられます。

これにちなみ、日本武尊が亡くなった日とされる11月の酉の日(鷲宮神社では12月の初酉の日)
には各地の鷲神社にて大酉祭が行われます。

なお、浅草・鷲神社の社伝によれば、日本武尊が11月の酉の日に鷲神社に戦勝のお礼参りをし
その際、社前の松に武具の熊手を立て掛けたと言います。

そこで、同社においては11月の酉の日に大酉祭を行い、熊手を縁起物とするとしています。

酉の市の縁起物の代表である熊手は、鷲が獲物をわしづかみすることになぞらえ
その爪を模したともいわれ、福徳をかき集める、鷲づかむという意味が込められています。


kumade



花園神社大酉祭(新宿酉の市)

今回の記事においては
東京都台東区の鷲神社の酉の市
東京都府中市の大國魂神社の酉の市と並んで、関東の三大酉の市のひとつとされる
東京都新宿区の花園神社の酉の市について紹介させていただきます。





花園神社の酉の市は、江戸時代から続く酉の市の多い中、
明治時代からの後発にあるにかかわらず、毎年60万人以上の人出があります。

境内には約60店舗の熊手の露店が並び
境内や外には200店舗の飲食系の出店が並びます。

酉の市は11月の酉の日に行われるのですが
毎年に酉の日(12日ごとにめぐてきます)は変わるために
年ごとに開催される日や回数が違います。

昨年の2013年は3日・15日・27日と3回開催されたのですが
今年は10日と22日の2回だけの開催です。

なお、「前夜祭」は16時から翌2時にかけて行われます。

花園神社で行われる酉の市は、場所が新宿ということもありアクセスは便利ですが
車で行こうとするとかなりの混雑が予想されます。

公共機関である電車の利用をオススメします。

花園神社の場所は、
JR新宿駅東口から徒歩6分
都営地下鉄丸ノ内線新宿三丁目駅E2出口からすぐです。


kumade2



花園神社の見世物小屋

新宿花園神社の酉の市の最大の見どころは名物の「見世物小屋」です。
これを見るためだけであっても足を運ぶ価値があると言われます。

見世物小屋における演目には、以下のようなものがあるとのこと。
「箱抜けの手品」「ガラスをすり抜けるヘビ」「鎖鼻通し」「双頭の動物」「ヘビ魔術」
「ニシキヘビ」「ヘビを食べる女」「人間火炎放射器」「ニワトリを食べる女」

近年に見世物小屋は、人材不足で経営の危機となっていたそうですが
有望な新人が入って、なんとかその危機を乗り越えた、という話もあります。

花園神社の見世物小屋は、大寅興業社という東京に現存する日本最後の興行会社が
請け負っています。
万が一に同社が破綻するようなことがあれば、興業のノウハウが失われてしまうのではないか
といった不安もささやかれています。

それを考えるとき、見ることができるチャンスがあるのなら、絶対に見ておきたいです。

新宿花園神社 酉の市の熊手と見世物小屋の動画です。


スポンサードリンク



こんな記事もあります

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ