城陽市イルミネーション 光のページェントTWINKLE JOYO

毎年、ハロウィンが終わり、クリスマスが近づくと
街のあちらこちらでイルミネーションの点灯式が行われます。

色とりどりの光に覆われたイルミネーション。
今年はどこで誰と見ましょうか?

彼氏と、彼女と、または家族と、女同士で、あるいは男同士で・・・?

イルミネーションはいつどこで見ても
ロマンティックな気分にさせてくれますよね。
都心では表参道やお台場、様々な場所でイルミネーションが見られます。

たまには地方に足を伸ばして
ロマンティックな気分に浸るのもいいのではないでしょうか?

今回は京都府城陽市にある、城陽市総合運動公園
(鴻巣山運動公園)のイルミネーション
をご紹介しましょう。

今年で13回目を迎える城陽市総合運動公園(鴻巣山運動公園)
のイルミネーション「光のページェントTWINKLE JOYO」
冬の風物詩になっています。

きっと都会では経験出来ないような素敵な夜を体験出来るかも・・・?

Sponsored Links


城陽市 光のページェントTWINKLE JOYO

城陽で毎年冬の風物詩になっている素敵なイベントがあります。
城陽市総合運動公園で行われる
光のページェントTWINKLE JOYO 2014です。

光のページェントTWINKLE JOYOは
平成14年に城陽市の新しい観光資源の開発をテーマにスタートし
昨年はなんと約20万人もの来場者でにぎわったそうです。

第13回目を迎える今年は56万個ものイルミネーションの電球を使い
市民の方々と共に力を合わせ、装飾出店を行うほか
期間中さまざまなイベントが催される予定です。

今年も12月1日より12月25日までの25日間
城陽市総合運動公園はきれいなイルミネーションで彩られます

光のページェント TWINKLE JOYO 2014

joyo



イルミネーションの会場は城陽市総合運動公園

アクセス
京都市城陽市西口出口から徒歩約25分
長池駅出口から徒歩約34分
寺田駅出口1から徒歩約36分のところにある
大きな公園で鴻巣山運動公園とも呼ばれています。
JR城陽駅からはバスも出ています。





体育館、テニスコートやグランドなど設備のあるスポーツゾーンと
ローラースライダーや大型遊具のあるレクリエーションゾーン
大きく2つのゾーンに分けられています。

山の斜面を利用して作られた140mのロールスライダーは迫力満点です。

駐車料金
400台とめられる駐車場完備
2時間までは無料
2時間以上3時間以下は200円
3時間以上4時間以下300円
4時間以上は400円となっています。

しかし、イルミネーション開催期間は大混雑が予想されるので
出来るだけ公共機関をつかって出向くのがお勧めです。

また、公園内にはアイリスイン城陽とプラムイン城陽があり
宿泊、食事が出来るようになっています。
 
《豆知識》
城陽市は歴史のロマンたっぷりの古都京都から5里
奈良からも5里離れているので「5里のふるさと」と呼ばれていました。

城陽市には日本最古級の古墳を初め
古い歴史をものがたる古墳や史跡がたくさんあります。

京都まで行ったらぜひ足を伸ばして歴史のロマンを感じてみてください。


光のページェントTWINKLE JOYOのみどころ

冒頭でもお伝えしましたが、今年は約56万個もの電球が使われ
城陽市運動公園のレクリエーションゾーン一帯が
個性あふれるイルミネーションで彩られます。

光り輝くバンクーバー砦や高さ10mにもおよぶシンボルツリーがみどころ

青色LEDによる60mのトンネルの回廊と
白く淡く光る3本のトンネルの回廊も必見です。

和洋演奏や演舞などの市民参加型のイベントもあり
物産品や飲食物の販売も行われています。

また点灯時間は17:30~21:30分となっておりますのでお見逃しなく。

光のページェント TWINKLE JOYO 2013の動画です。


スポンサードリンク



こんな記事もあります

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ