就職・転職の強い味方「ハローワーク」とは?

国民の安定雇用のため
国が運営している『ハローワーク』。

ハローワークが扱う業務
就職までの流れについてご説明します!

Sponsored Links

国が運営する、雇用機会を確保するための機関

公共職業安定所とは
国際労働期間条約88条に基づいて加盟国に設置される
公的な職業紹介所を指します。

日本においては厚生労働省設置法23条に基づいて設置されている
『公的職業安定所(ハローワーク)』が該当します。

これは、国民に安定した雇用機会を確保することを目的とした機関で
国(厚生労働省)が設置しています。

『職安』と略されることもありますが、
1990年からは一般公募で選定された
『ハローワーク』という名称が
主に用いられるようになりました。

ハローワークには本庁舎のほかに出先機関として
ハローワークプラザ○○』や『職業相談室』、
ヤングハローワーク』などの施設があります。


求職者と雇用主の双方をサポート!ハローワークの業務

続いては、ハローワークの業務についてご紹介します。

ハローワークは労使双方に関して支援を行っています。

求職者には
就職や転職に関する相談や指導、
適性や希望に合った職場への職業紹介
雇用保険の受給手続きなどを行います。

雇用主に対しては
雇用保険雇用に関する国の助成金・補助金の申請窓口業務や、
求人の受理などのサービスを提供しています。

ハローワークでは、
取締りや規制は業務とはしていません。

また、職業安定法により、
求職者から手数料や紹介料を徴収することは
禁じられています。

ハローワークは
原則8時30分~17時15分まで
開庁しています。

職業紹介や相談については、
求職者の住所を管轄するハローワークでなくても
利用できます。

しかし、雇用保険業務や求人申し込みなどは
求職者の住所地のハローワークで申請をしなくてはいけません。

年度の切り替わりということもあり、
1年を通して4月が最も混雑し、
その中でも月曜日がトップです。


hellowork

知っておきたい!就職するまでの流れ

最後に、ハローワークで
職を探す際の流れについてご説明します。

ハローワークでは正社員はもちろん、
パートや臨時雇用などの
すべての雇用形態を網羅しています。

そして、すべての求人には番号がついています。
『○○○○―●●●●●●●●』という形で表されていて、

○の部分は求人を受理した安定所の通し番号で、
●の部分は求人の個別識別番号を表しています。

そして、応募するためには
ハローワークの紹介状が必要となります。

ハローワークから紹介された求職者を雇用すれば、
国からの助成金や給付金を受けられるためです。

そして紹介された求人で採用が決まった場合は、
個人情報保護のため求職者のデータが
ハローワークから削除されるようになっています。


スポンサードリンク



こんな記事もあります

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ