内定式に出席するに当たっての注意すべきポイントは?

就職難が続いている中、幸にも内定を勝ち取った方々は
内定式に参加しなくてはいけません。

内定式は企業が正式な内定通知を
内定者に渡すことを目的とした式典
です。

内定式に出ることによって
社会人になることへの実感がわき
より身が引き締まるものです。

しかし、具体的にどんなことをするのかは
よくわかっていない人が多いのではと思います。

そこで、今回は内定式の正体を暴き
少しでも参加者の不安と緊張をほぐすことができれば
と思っています。


内定式のポイント

内定式で行われることは内定通知書を内定者に渡すことだけではありません。
それだけなら郵送で済んでしまいます。

本当の目的は内定者同士での懇談会や承諾書の提出
上司との顔合わせ
など様々です。

内定式に臨む上でのポイントはなんなのでしょうか。
それは内定式についての資料を確認し準備することです。

これは絶対に忘れないようにしてください。
準備を怠ると式に出席できなくなる可能性があります。

それだけでなく
同期や上司への印象悪くなってしまいますからね。
絶対に避けましょう。

また、内定式は内定の連絡を受けてからの期間があくことが多く
長ければ半年ほどかかります。

この間に気を抜いてしまい
そのままの態度で内定式に臨んでしまうと失敗は避けられません。

社会人としての心構えを持ち
しっかりとした態度で内定式に臨んでください。


服装はどうしたらいいの?

式へ参加する際の服装は
就職活動をしていた時のスーツを着ていくのが無難です。

もし会社側から指定があれば
それに沿った服装
をしていくようにしましょう。
また、メイクや髪型なども清潔感のあるものにしてください。

持ち物は式の案内状に記載されているはずですので
そちらを参考にしてください。
万が一記載がなければ
会社に連絡して聞くことをおすすめします。

大体の場合、必要な持ち物は筆記用具や印鑑などです。
同期の方々と連絡先を交換するために
携帯電話やメモ帳を必ず持って行きましょう。


以上、内定式について紹介しました。

内定式が終われば、新人研修や入社式を待つことになり
いよいよ社会人としてデビューすることになります。

いつまでも学生気分に浸ること無く
スパッと気持ちを切り替えることが求められます。

立派な社会人になるための最初の一歩として、内定式に臨んでください。

そして素晴らしいスタートを切りましょう!


Sponsored Links

スポンサードリンク



こんな記事もあります

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ